埼玉県、神奈川県、静岡県で、医療・保健・福祉を提供する「JMAグループ」です。

  1. HOME
  2. 当法人について
  3. 理事長挨拶

理事長挨拶

社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 理事長 鄭義弘

アライアンスの力で時代のニーズに応える

当法人は昭和48年9月に「仁愛会」として設立以来、一貫して「仁愛」の精神を基本理念として保健・医療・介護事業に取り組んでまいりました。「仁愛」とは人を思いやり慈しむ心を意味しますが、我々はさらに発展させ「各人生命の尊重と人間愛に基づき、医の倫理をわきまえ、常に医療の向上に努め、何人にも公平な医療サービスを提供すること」ととらえ実践してまいりました。

そして約40年、予想されてはいたものの、急速に進む高齢化社会の到来と医療技術の高度な専門分化、そして社会保障を支える上での厳しい財政状況など、医療を取り巻く社会的背景は大きく変化し、加えて保健・医療・介護サービスの提供体制に求められる姿も当然のことながら変わってきました。それは各施設が、機能に応じた役割を明確にし、且つ緊密に連携しながら、安心できる切れ目のないサービスを提供できる体制を構築することであり、それが地域の医療資源の有効利用にも繋がるということです。

この様な社会的環境変化とニーズに合わせて、我々はこれまで保健から介護に至るまでのサービスを一つの流れとして、役割に応じた施設機能を整備し、全施設が同じ理想と志をもって、地域の皆様の健康と安心を支えるべく事業を展開してまいりました。平成15年には法人名を現在のジャパンメディカルアライアンス(japan medical alliance: JMA)に改めましたが、この「アライアンス」には全ての施設と職員が「連携と協力」をもって同じ目的に向かって行こうという私たちの強い思いが込められており、これこそが時代の要求に応えうるJMAグループの強みであると自負しています。

ところで、私はかねてから医療という専門職が集う臨床の現場において、「和而不同」という心構えが大切であると感じています。『論語』にある言葉で「和して同ぜず」、即ち、組織や社会の中で、互いを尊重しあい調和を持って接しつつも、安易な同調はせず一人一人が主体性をもつという意味ですが、まさに私たちがアライアンスに込めた思いに相通ずるものと確信します。これからもJMAグループは「アライアンス」の強みを生かして、全職員が一丸となり保健、医療、介護を通じて地域貢献を果たしてゆきます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 理事長 鄭 義弘